生産工程請負、構内物流請負、技術職・技能職派遣の専門会社、株式会社インダストリーパートナーズ

ご挨拶

ご挨拶

 

人材アウトソーシングという時代の副産物』と

本来あるべきモノづくりの姿』の融合

 

 

『本当にお役に立てるアウトソーシング事業をしたい!』そういう思いで2011年にこのインダストリーパートナーズを設立いたしました。

 

 私は長年人材アウトソーシング業界に身を投じ、分かっていながらも『人材を提供することだけ』に、いつももどかしさを感じておりました。やはり、本来あるべき『良いモノを作りたい!』『いい結果を出したい!』に直接関わる仕事がしたい。そういう思いからいつしか自ら現場に身を投じるようになりました。
 そして、自ら現場作業をし、また管理者としてお客様と共通の目標に向かって事業を進めていく中で、技能継承や人材の育成の大切さ、お客様、従業員、アウトソーサーの3者の信頼関係など様々なことを体感させて頂きました。そして導き出した答えが『人材アウトソーシングという時代の副産物』と『本来あるべきモノづくりの姿』の融合。これが当社事業の原点です。

 

 今現在、日本のモノづくりは、グローバル競争の真っただ中、まさに激化の一途です。
ありとあらゆる戦略を講じこの競争に勝ち残るべく邁進されていることと存じます。
 90年代後半から日本でも本格的に注目を集めるようになった経営手法に『専売事業者による水平分業型の製造形態』いわゆるEMS、OEM、ODMといわれるものや、ファブレス化などの手法があります。これらの手法によってもたらされるメリットは皆様もご存じのことと思いますが、なにもグローバル大企業のものだけでも、中国やASEAN諸国特有の手法でもありません。この手法を国内の製造メーカー様に置き換えたとしたら、これもまた様々な効果をもたらすのではと考えました。

 

 当社の推奨するビジネスモデル『生産工程請負』『構内物流請負』そして『マニュファクチャリングシェアードサービス』は、この水平分業型の製造形態をより身近にオーダーメイドでご利用できるようにしたものです。
 おかげさまで、ご導入頂きましたユーザー様から『コストダウンに繋がりました。』『職場にメリハリが出てきました。』等、ご好評をいただき事業も順調に推移しております。
 従来の労働者派遣事業についても、登録型の有期雇用派遣だけでなく、技術・技能の習熟が期待できる常用型の無期雇用派遣にこだわり、質の高い製造・エンジニア特化型のサービスを提供してまいります。

 

 変化の激しいグローバル競争を勝ち抜くためのモノづくり現場を、アウトソーシング事業を通じ価値創造する機動的技能集団として社員一丸となって邁進していく所存でございますので今後ともより一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社インダストリーパートナーズ

代表取締役社長 石田 勝則

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会社情報 事業内容 導入事例 IPのこだわり 求人情報 IPで働く魅力