History 創業から現在に至るまでの軌跡をご紹介 この思いを胸に更なる飛躍を目指します

HISTORY

HISTORY

 

 

2011年  会社設立

 

『本当にお役に立てるアウトソーシング事業をしたい!』
単純な労働力の調達ではなく、工場内業務の一部をお任せいただくことで、お客様社員を付加価値業務へシフトすることが可能となり、競争力向上、効率化、スピード化を実現する本質的なアウトソーシングサービスを目的として会社を設立いたしました。

 

『さあ、困ったどうしよう』
設立間もなく東日本大震災が発生。関東でもその影響は少なくなく、輪番停電やサプライチェーン・物流網の寸断などにより操業停止を余儀なくされたメーカー様も数多くありました。そんな中での船出となり、資金調達と営業活動に迷走していました。

 

『頑張れ!頑張れ!』
精力的に営業活動をすることで徐々に仕事をいただけるようになりました。昼間は営業、採用、管理。夜はオフィスに資材を持ち込んで組立作業、そして翌朝納品してからまた営業に出るという日々が続きましたが、2011年12月に初の自社工場を開設することができました。

 

 

2012年  自転車操業脱出

 

『腹をくくるしかない』
大口の物流現場の立ち上げをご依頼いただきました。『これをしっかり立ち上げ会社を軌道に乗せるぞ!』という思いで、面接、現場、面接、現場を繰り返す日々。数か月は赤字続きで青ざめましたが、現場社員とお客様の最大級の協力の下、徐々に光が見え始めました。他の現場社員も駆けつけ正に会社一丸で立ち上げることができました。

 

 

2013年  事業拡大へ

 

『お客様に喜んでもらえている!』
当社の請負というビジネスモデルが、『本当にお役に立てているのだな』と確信できる年でした。あるお客様の事業戦略であるファブレス化に伴い、当社が組立委託企業として表彰をいただきました。また、別のお客様からは請け負った物流現場の実績を評価いただき、別工場の物流の請負をご依頼いただきました。これに伴い山梨県富士吉田市に営業所を開設することができました。

 

 

2014年  本社移転へ

 

『強風に揺れるビルにサヨナラ!』
事業も順調に軌道に乗り始めたこの年、本社オフィスを移転する運びとなりました。
創業より入居していたオフィスの広さは7坪ちょっと、強風が吹くと揺れるビルでしたので『早く事業を大きくしてこのビルを出たい〜!』という思いで必死に頑張ってきました。

 

 

2015年  受託事業開始

 

『機械組立の受託事業を開始!』
当社の得意とする機械組立てにおいて本格的な受託工場を開設いたしました。天井高7m、天井クレーンが2基、大手産業機械メーカー様からユニットの組立をご依頼いただきました。

 

『在籍100人突破!』
創業以来、数多くのお客様とお取引をいただくことができました。それに合わせて、働く仲間も100人を超えることができました。まだまだ未熟な会社でもあり、残念ながら退職された方々にもここまで支えていただき感謝申し上げます。

 

 

2016年  信用安定経営を目指して

 

『資本金増資へ』
更なる信用と安定経営を目指し、資本金を3000万円へ増資いたしました。

 

 

2017年  一度立ち止まって・・・

 

『初心の日を制定』
この年は大変大きな労災を発生させてしまいました。被災された方とご家族の気持、そしてこの事実をしっかり背負っていくと心に決め、会社の存在意義と使命をもう一度見つめ直す日『初心の日』を制定いたしました。

 

 

2018年  当社事業の象徴

 

『テクニカルセンター開設』
機械組立、溶接、塗装等に対応した自社工場を開設いたしまた。ものづくり会社としての信用、事業ノウハウの拠り所、皆が自慢できる事業所、そんな工場にしたい。私の夢が1つかないました。

 

 

2019年  皆が集える場所

 

『本社を拡張』
当社では年に2度事業所責任者や部門の長が集まり、全体会議を開催いたします。また、安全衛生、ブロック会議、戦略会議の開催や、ちょっとした集まりなど、そんな時でも皆が集える場所、ミーティングできる場所がほしかった。
同ビルの別フロアに本社を移転することができました。内装はデザイナーさんにデザインいただき、ご来社の方々には大変ご好評をいただいております。立川に来られることがあれば是非お立ち寄りください。

トップへ戻る